2020.11.19 (株)丸庭佐藤建設 お知らせ

グループ会社での新型コロナウイルス感染者発生対応について【第2報】


株式会社 丸庭佐藤建設
 代表取締役社長 南部 真樹

11月15日(日曜日)に、本社管理グループの職員が新型コロナウィルス感染したことの続報です。

残念ながら、11月15日(日曜日)の陽性判明者と、感染した原因と思われる行動を共に
していた別の職員の陽性も、保健所の検査並びに自主検査により判明いたしました。

この者は、保健所の指示に従い、即時に隔離に入りました。(計3名)

 

11月17日火曜日、陽性者との接触の濃淡に関わらず、全社員同時にPCR検査を受検し、
感染原因の場にいた者以外の全員の陰性を確認したことをご報告申し上げます。

この結果により、社内での感染拡大が起こっていないことが確認出来ましたが、保健所から、
11月28日土曜日までの会社事務所の閉鎖と、一定の条件に該当する者の業務自粛をお願いされました。(重要、重大な業務は除く)

これを受けまして、陰性者の中でも保健所指摘による濃厚接触者は、保健所の求める期間、一定の条件に該当する者で重要、重大な業務以外は11月28日土曜日までは業務自粛、及び会社事務所の閉鎖をさせて頂きます。

一定の条件に該当しなかった者は、陰性の結果をもって業務を再開致しますことのご理解をよろしくお願い申し上げます。

 

今後も保健所指導のもと、ウィルスを拡散せぬように十分に留意して対応してまいり

ます。本社社屋につきましては保健所の助言のもと消毒を行い、さらに上記閉鎖期間を

設け、11月30日(月曜日)からの本社通常業務開始とさせて頂きます。

誠に勝手ながら関係各位には多大なご迷惑をお掛け致しますがお許し下さい。

 

なお、お問い合わせ等は各担当者への連絡をもって、随時対応致します。

 

重ね重ねご迷惑をお掛けすること、お詫び申し上げます。