2019.01.18 お知らせ

2019年1月安全衛生パトロールを実施しました。


1月16(水)に、現在施工中の当社現場のパトロール(5ヶ所)を(2班に分かれて)実施致しました。

安全衛生パトロールでは、労働災害の防止に努めるべく、予測・予防の手段として、重要な役割を担っています。
身近なところから事故や災害につながる要因を早期に発見し、原因の除去や改善を図り、
各作業所の安全の確保と快適な職場環境を維持に努めるものです。
今回は1班2か所のパトロールを御紹介します。

28年災230号ペンケ歌志内川災害復旧工事外
現場代理人・主任技術者 長縄 明仁

北海地区 北海幹線用水路赤平トンネル下流工区工事
現場代理人・監理技術者 中村 晋司

降雪等による作業の遅れは、「あせり」が生じるものであります。そんな時こそ作業計画の見直しに立ち返って施工を進めてまいります。
「安全は会社、家族を守り、品質は会社を発展させる」を自覚し、引き続き全社を挙げて、安全管理体制を充実していきます。

#